信on 覇王鯖のれもぽんブログ。子供向けだよ♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時に西暦2010年


術忍の失われたモノ


なわち、心の補完は続いていた


だが、その全てを記すには、あまりにも時間が足りない


よって今は、七夜志貴という名の少年


彼の心の補完について語ることにする





『CASE3』
『七夜志貴の場合』


『恐怖』


暗殺 : 自分がいなくなること

七夜志貴 : でも、こんな自分ならいなくてもいいと思う

忍法 : どうして?

暗殺 : だって、私はいらない人間だもの

七夜志貴 : やっぱり僕はいらない術忍なんだ。術忍のことなんかどうでもいいんだ

僧兵 : どうでもいいと思うことで逃げてるでしょ。

僧兵 : 失敗するのが怖いんでしょ。

僧兵 : 人から嫌われるのが 怖いんでしょ。

僧兵 : 弱い自分を見るのが怖いんでしょ

七夜志貴 : そんなの、僧兵さんも同じじゃないか

僧兵 : そうよ、私たちはみんな同じなのよ

暗殺 : それが怖いの

僧兵 : だから、今ひとつになろうとしている

暗殺 : お互いに埋め合おうとしている

忍法 : それが、補完計画 。新星の章。

KOEI : 人は群れていなければ生きられない

KOEI : 人は一人で生きていけない。そのための一門だ。

七夜志貴 : 術忍は一門に一人しかいないのに

忍法 : だからつらいんだな

暗殺 : だから寂しいのよ

陰陽道 : だから陰陽の術攻撃を空蝉のように無効化したいのね

暗殺 :優遇になりたいのね

忍法 : そうしなければ、生きていけないからだ


『本当に?』






そして、術忍の補完が始まる。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。